ブライダルリングって?!ブライダル関係の指輪の基礎知識

結婚情報誌やサイトを見てみると「ブライダルリング」や「マリッジリング」、「エンゲージリング」や「結婚指輪」、「婚約指輪」など様々な用語を目にすることがあります。色々な言葉で指輪を紹介されていて、何が何だか分からなくなってしまうことも少なくありません。

そこで多くのジュエリーショップが扱っている「ブライダルリング」について、詳しく解説します。


ブライダルリングとは?

ブライダルリングとはいわゆる婚約指輪や結婚指輪の総称のことで、別名はブライダルジュエリーです。婚約指輪は結婚を決めた男性がプロポーズなどのときに女性に贈る指輪です。

基本的にダイヤモンドなどの石があしらわれていて、贈られた女性だけが身につけます。婚約指輪の始まりは古代ローマで、結婚を約束した証として贈られたという歴史があります。始めは鉄の輪っかだけで、それが徐々に変化して石があしらわれたリングに変わったのです。

古代ローマから中世に移り変わると宝石をあしらうようになり、ルビーやサファイアなどが使われるようになります。現代のスタンダードであるダイヤモンドが使われたのは1477年で、ローマ皇帝が公女マリーに贈った指輪にダイヤモンドがあしらわれていたのが始まりです。

結婚指輪は結婚の証としてパートナー同士が交換をし、同じ指輪をお互いに身につけます。結婚指輪の起源は古代エジプトで、結婚をするときに指輪を交換していたのが歴史の始まりです。指輪に「永遠に途切れることなく続く」という願いを込めて、夫婦で指輪を交換することで一つになることを表現しているのです。

また婚約指輪や結婚指輪を左の薬指に身につけるのは古代エジプトの言い伝えで、女性の左の薬指には心臓に繋がる太い血管が通っているものと考えられていました。心臓は感情と繋がる部分とも考えられていたため、愛する女性の心をつなぎとめるために左の薬指にはめるようになったのです。

日本国内で婚約指輪が一般的になったのは1950年代で、海外のライフスタイルが定着したころだと考えられています。

婚約指輪の種類とは?

一言で婚約指輪と言っても、様々な種類があり、デザインにはソリティアやサイドストーン、エタニティやクラシカル、ウェーブなどがあります。素材にも色々な種類があり、プラチナやイエローゴールド、ピンクゴールドなど種類が豊富です。

婚約指輪の王道のデザインとされているのが、ソリティアです。ソリティアはシンプルなデザインが特徴的で、どんなスタイルにもマッチします。真ん中にダイヤモンドがあしらわれているので中央に目線が行きやすく、ダイヤモンドの輝きをアピールすることが出来るのです。

サイドストーンは中央のダイヤモンドの他に、小粒のダイヤモンドをサイドに並べています。中央の大きなダイヤモンドを引き立てて、豪華なイメージです。エタニティはリングの周りにダイヤモンドを並べていたり、半周だけダイヤモンドを並べたものがあります。

手元が華やかになり、ゴージャスになるのが魅力です。クラシカルは「千の粒」を意味するミルグレインが採用されていて、クラシカルで古風な指輪です。

ウェーブはSラインやVラインなどリングの部分に動きがあるもので、ストレートタイプに比べて指を細くみせてくれる効果があります。繊細な動きが女性らしさを引き出します。プラチナは日本で最も多くブライダルリングに使われる素材で、変質や変形が起こりにくいのがメリットです。

白いウエディングドレスや白無垢などにも合わせやすいのも人気の理由です。イエローゴールドはカジュアルなイメージが強く、プラチナよりも華やかになります。ピンクゴールドは柔らかい色合いが特徴で、肌馴染みも良いです。

結婚指輪の種類とは?

結婚指輪のデザインの種類にはストレートラインやVライン、Sラインやエタニティ、セットリングなどがあります。素材にはプラチナやゴールド系、シルバーやパラジウム、チタンなどがあります。ストレートラインはリングの部分が真っ直ぐになっていて、結婚指輪の中では一番シンプルです。

VラインはV字にカーブしたデザインで、SラインはS字にカーブしていて、ウェーブラインとも呼ばれています。エタニティはリングの周辺にダイヤモンドを埋め込んだもの、セットリングは婚約指輪とセットになっているものです。

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けしたいときや、お揃いのデザインにしたいときに便利です。プラチナは婚約指輪と同様に結婚指輪で最も使われている素材で、ダイヤモンドと相性も良いとされています。光沢感があり、シンプルなデザインでも高級感を加えられます。

強度も高いので壊れにくく、日常使いにも向いているのです。ゴールド系にはゴールドやイエローゴールド、ピンクゴールドやホワイトゴールドなどがあります。耐久性が高く、プラチナよりも費用が抑えられるのが良いところです。

シルバーは柔らかい素材で優しい印象を与えますが、それ程強度は高くないので時々メンテナンスをする必要があります。パラジウムはプラチナやシルバーのような白さがあり、軽くて変色しにくいです。チタンは硬度があり軽量なので、徐々に人気が出てきているのです。

色を加えたり、グラデーションにしたりと個性的なデザインが楽しめます。

ブライダルリングを贈るタイミングや選ぶタイミングは?

婚約指輪を贈るタイミングはプロポーズをするときや結婚が決まったとき、結納や両家の顔合わせのときと様々です。プロポーズで渡したいのなら、その2ヶ月から3ヶ月前から用意します。ジュエリーショップのスタッフに相談しながら、じっくりと準備を進めることが大切です。

結納や両家の顔合わせは結婚式の半年前に行われることが多いので、婚約指輪はその1ヶ月前には手元に届くように準備します。結婚指輪は結婚式で交換することが多いので、結婚式の2ヶ月前までには出来上がるようにします。

結婚式の3ヶ月前は準備に追われて忙しくなる時期なので、それまでには用意しておくと安心です。

ブライダルリングを購入するまでの流れ

ブライダルリングを購入することが決まったら、まず来店予約をします。予約をせずにお店に足を運んでも構わないのですが、予約をして行った方が優先的に見られたり、予約特典を受けられることもあります。混雑していても店頭に入ることが出来たり、ゆっくりスタッフと話し合うことも可能です。

自分たちの希望や好きなデザインなどをスタッフに伝えると、おすすめのブライダルリングを持ってきてくれます。指にはめたりして、フィット感やデザインをチェックするのです。予算などもあらかじめ伝えておけば、予算内のブライダルリングを紹介してくれます。

気に入った商品があれば購入することをスタッフに伝えて、購入手続きをして貰います。受け取り日や支払い方法などを確認して完了です。